森を護る。
森と生きる。

森。

新たな時代を迎えても
変わらず人は森を求め続ける
そして未来へと受け継ぐために
人の手が、美しい森を育ててゆく

森。

空に向かい、光を求め
しなやかな枝葉を伸ばし
たくましく広がっていく姿に
生き物たちは畏敬の念を抱き
ともに命を育み続けてゆく

森。

時には天の気まぐれに耐え
時には地の荒ぶりにも耐え
静かに麓の暮らしとともに
生き続けている

森。

はるか昔、
ちいさな芽吹きからはじまり
果てしない時を重ね
大地に根を下ろし
長い年月を静かに見守っている

Scroll UP