宇和ヒノキの特長 About UWA cypress

宇和ヒノキ

広大な森林が残されている西予市宇和町。
そのほとんどが人工林で占めており、更にはその大半が檜で、
「宇和ヒノキ」という銘で呼ばれています。

檜の中でも良質と知られる
宇和ヒノキの市場は拡大を続けており、
愛媛県内全域はもちろん、
他県でも広く売買されています。

過酷な環境の中、
ゆっくりと成長することで
育まれる美しく強い良木

特に山田地区で育つ檜は、
年輪が細かく油分の多い粘り気のある
少し赤みを帯びた特長があり、
美しさと強さを兼ね備えています。

この山田地区は、日陰が多く痩せた土で、
過酷な環境ゆえに檜もゆっくりと成長していきます。
元来風の少ない地域で育まれながら、
更に成長が抑制されるおかげで、
年輪が細かく刻まれる上、狂いが少なく、
真っすぐで美しいゆがみのない姿に育ちます。

強く美しい宇和ヒノキは、
その特徴から様々な建築木材として活用されており、
窓枠などの建具や柱など様々な建材に姿を変え、
人々の暮らしに寄り添っています。

PageTop